句集「緋の色」紹介

酒井英子 句集「緋の色」

序 加古宗也
跋 田口風子

緋の色を根より授かり染始

黒南風や天気図を貼る染工房

うっかりすると見落としてしまいそうな「染め」の勘どころをぴたりと押さえた句だ。教員・主婦・福祉の人、そして、染色家。さらに俳人とめまぐるしい日常を過ごしながら、社会問題にも関心を怠らない人、それが英子さんなのだ。
加古宗也(「序」より)

緋の色を根より授かり染始

黒南風や天気図を貼る染工房

染師には勘といふ技片時雨

てふてふの触るるを恐れ伸子張

きはちすや機音残る丹後径

冷まじやインカ帝国文字もたず

マチュピチュの巌頭に座し霧まみれ

ひめゆりの塔に菊抱く夫を見し

母の座にもどる教師や大根提げ

夜濯ぎや子のポケットに石一つ

加古宗也抄出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です