句集「若菜摘」紹介

工藤弘子 句集「若菜摘」


上州の歴史の深さと長さーそれを弘子さんはゆったりと、それでいてしかっりとつかまえている。妙な力みを持たない人だからだと思う。

<加古宗也・(序文)帯文より>

加古宗也抽出12句

毛糸編む男の夢の端にゐて

手足凍てきし重監房の跡地

冬あたたか盲導鈴は語るごと

神還る毛野に五つの活火山

友の輪へ行つたきりなり卒業子

逢へば子のふと眩しくて春の雪

断乳の胸熱からむ夜の濯ぎ

初厨ふたりの嫁に挟まりて

浅間嶺の風の色被て凍豆腐

嬬恋の星をいただき芋煮会

湯の街や夜霧の底に硫黄臭

道広く掃いて煤の日終りけり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です